平成28年第2回定例市議会は6月1日から17日まで開催されました。今議会では平成28年度日野市一般会計補正予算第1号の審議を中心に活発な議論が交わされました。一般質問は21名の議員が行い、江口和雄議員は「大坪市政」1期目仕上げの年、成果と課題を問う、として市の考え方を質しました。以下主な内容を報告致します。

平成28年第1回定例議会は3月1日から3月29日まで開催されました。この議会では平成28年度日野市一般会計及び特別会計予算の審議を中心に、多くの議案が審議されました。また日野市議会は4年任期の中間期として、議会人事の変更があり、市議会議長を始めとして常任委員会の委員長や委員の変更がありました。議会初日の選挙で、議長には西野正人氏、副議長には窪田知子氏が選出されました。平成28年度日野市一般会計予算は615億1千万円、特別会計予算は539億57百万円が予算特別委員会の審議を経て、賛成多数で可決、成立致しました。一般質問は20名の議員が行いました。以下議会の概要を報告致します。

平成27年第4回定例議会は11月30日から12月16日まで開催されました。この議会では平成27年度日野市一般会計補正予算、日野市消費生活センター条例の制定、日野市国民健康保健条例の一部を改正する条例の制定などの多くの議案が審議されました。また請願の審査では「日野市議会議場において国旗及び市旗の掲揚を求める請願」が賛成多数で採択されました。一般質問は議長を除く23名の全議員が行いました。江口和雄議員は今議会、職員の犯したいろいろなミスや理事者側の責任を問う意味で「日野市職員の教育、安心・安全の視点で問う」として質問を行い、市の考えを問い質しました。以下議会の概要を報告致します。

平成27年第3回定例議会は9月1日から29日まで開催されました。この議会では平成26年度日野市一般会計決算の認定、平成26年度特別会計決算の認定を審議する決算特別委員会が設置され、慎重な審査が行われました。市長提出議案も多く審議され、何れも可決、承認されました。一般質問は19名の議員が行いました。また、議員提出議案では、戦後70年の節目として「不戦の決議」「スポーツ関連予算の拡充を求める意見書」などが可決されました。以下議会の概要を報告致します。

平成27年第2回定例議会は6月1日から6月17日まで開催されました。この議会では平成27年度日野市一般会計補正予算(第1号)および特別会計補正予算の審議を中心に、多くの議案が審議されました。新たな条例の制定も審議され、「日野市多摩平の森産業連携センター条例」が制定されました。また一般質問は22名の議員が行い、江口和雄議員は「市内の交通問題、現況を問う」のテーマで質問を行いました。以下主な内容を報告致します。

平成27年第1回定例議会は3月2日から3月27日まで開催されました。この議会では平成27年度日野市一般会計予算及び特別会計予算の審議を中心に、多くの議案が審議されました。新たな条例の制定も審議され、「日野市防犯カメラの設置及び運用に関する条例」また「日野市企業立地支援条例」などが可決され制定されました。以下主な内容を報告致します。

平成26年第4回定例議会が11月28日から12月16日まで開催されました。この議会では日野市、国分寺市、小金井市の3市で行う可燃ごみ共同処理施設の、管理、運営などを事業とする一部事務組合の設立のための組合規約を制定するための議案を中心に、平成26年度日野市一般会計補正予算(第7、8号)などの議案が審議されました。また一般質問は21名の議員が行いました。さらに議会が始まってから衆議院議員選挙が施行され、慌ただしい年末となりました。以下主な内容を報告致します。